村田 仁・活動のお知らせ(2017’ 8/15)

■ ポエトリースラムジャパン 2017 秋大会 - 名古屋大会に参加しました。

フランス、パリで世界大会が行われる、詩の朗読の祭典「ポエトリースラム・ジャパン 2017 秋大会 - 名古屋大会」に参加します。観客から審査員が選ばれてジャッジを行う、三分間以内の朗読など、アイディアの多い 活発なイベントです。地方大会を勝ち残った上位三名が東京での全国大会に進みます。・・お盆の最中ですが、是非 お越しください!

村田は準決勝敗退となりました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

日時: 8月13日(日)
会場: 吹上・鑪ら場

cmn_logo.png
ポエトリースラム・ジャパン 2017 秋大会

■ 安西水丸展のなかで、詩のワークショップ「私の水平線」を開催します。

愛知県清須市 はるひ美術館で開催されている「安西水丸展 漂う水平線(ホリゾン)」のなかで、詩のワークショップ「私の水平線」を村田が行います。小学 5、6年生対象の詩と絵を実作するワークショップになりますが、開催後の展示なども計画しております。どうぞご参加ください。申し込み、アクセスなどは下記ホームページをご覧ください。

“まっさらな水平線に宝物を置く。その風景を見渡して言葉を書く。紙の上の世界が広がる。”絵と言葉による詩作品をつくりましょう。

ワークショップ「私の水平線」

日 時 :
9月17日(日) 14:00~16:00
場 所 :
清須市はるひ美術館2 階 オープン展示スペース
講 師 :
村田仁(詩人)
材料費 :
¥200(観覧料は別途必要)
定 員 :
先着10 名(小学5、6 年生対象)
申 込 :
7月16日(日)より電話受付 TEL: 052-401-3881(美術館)

はるひ美術館 安西水丸展「漂う水平線(ホリゾン)」開催概要

■ 展覧会「ONGAESHI #3 mini(仮)」を 9月に ドイツ、ブレーメンで開催します。

「日独国際交流美術展 ONGAESHI」(14’-15')のカタログを現在 プロジェクト発案者の Anna Bart さん、キュレーターSabrina Meißnerさんを中心に 編集中!その発表に際して「ONGAESHI #3 mini(仮)」展覧会を ドイツ、ブレーメン市で開催する予定です。

ongaeshi2017.png
ONGAESHI サイトヘッダーより。村田 仁と Gerhard Geising によるパフォーマンス。村田が詩を筆記する。その鉛筆の音をコンタクトマイクが拾い、Gaiding 氏が調整、解放した。

ONGAESHI サイト

ONGAESHI online shop

「詩の教室 “詩から"」アートセンター[Yojo-Han] にて、隔週 月曜、土曜、金曜に開講中!
8月の開講予定

"8月は、詩人 鮎川信夫を総力特集します。
戦後詩の記念碑、グループ「荒地」も多面的に眺めます。常に最先端の 意識の、詩人たちへ。"

月曜クラス(第一、四週の開講)昼 14:30-16:30
8月 7日(月)大雨暴風警報のためお休みします。
8月 21日(月)
金曜サロン(第四週のみの開講)夜 19:30~21:30
8月 25日(金)
土曜クラス(第一、三週の開講)昼 13:30-15:30
8月 5日(土)
8月 19日(土)


金曜日はサロンと称し、詩を語らう要素が強くなります。
下記ページに受講料などの詳細があります。
見学希望の方は、下記より事前に お問い合わせください。
初回、一回分は無料になります。

9月は 講師の村田が渡独し国際美術展に参加するため、一ヶ月お休みを頂きます。

詩の教室 "詩から"

■ 公開イヴェント・詩の朗読会「詩からⅡ」アーカイブ作業中。

詩からⅡ_仮チラシ.jpg

お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
追って、レポート等を掲載いたします。

インターネットラジオ「詩からストリーム」

次回は 2017年 9月7日(木)夜 21:30〜 の放送になります。
アートセンター[Yojo-Han] より生放送を行うネットラジオです。
番組は 詩の朗読ではじまり、最後も詩の朗読で終わります。
放送時間こちらお聴きください!

リスナーの方は Ustream サイト内のソーシャルストリームを用いて、チャット参加もできます。
どうぞお気軽にご参加ください!
放送後には、録音も公開していきます。

詩からストリーム 過去番組リスト

sikarastream_img.gif

■ 「木曜ポエトリー 〜詩の宿題、それは命題」NHK 文化センター 名古屋にて、
 4月より新講座を開講しました!

木曜ポエトリーロゴ_文字白色_2.png

4月より、NHK 文化センター名古屋での詩の講座がリニューアルしました。
「木曜ポエトリー 〜詩の宿題、それは命題〜」と題し、指定木曜日 お昼の開講となります。

詩を生み出すのには、机にかじりつくだけではなく、日々の生活の中で出会う様々な物事を受け止めて、極めて敏感に、ときには頑固なまでに鈍感に反応する事が大切です。
本講座では 実際に作品例を挙げて、詩の作り方、鑑賞の仕方を学びます。
その作品の中に共通する実生活とのつながりを見つけ、宿題として提案します。
各自が生活の中で詩作に取り組んで頂き、その講評も行います。
全六回、指定木曜日の開講時に必ず宿題を設けていく講座です。
小学生、中高生らと詩を作るワークショップや、詩の朗読会を行う等、名古屋を中心に活動している詩人 村田仁がナビゲート。講義の最終回には、受講者全員の詩を収録した 詩集(私家版)をプレゼントします。

日にちの確認、受講のお申し込みは 下記ページよりお願いします。

NHK 文化センター名古屋「木曜ポエトリー」

季刊誌「東京荒野」第七号に 新作詩を掲載頂きました。

季刊誌「東京荒野」第七号に 村田の新作詩「単色の憎愛」を掲載頂いております。
詳細、購入は 下記 東京荒野のサイト、Amazon をご覧ください。

Amazon 販売ページ

東京荒野 第七号 詳細

また、今年2月に発売された「東京荒野」第四号にも、村田の詩「八月三十一日のお勝手」が収録されています。

「エレベーター詩」サイト。

長者町トランジットビルディングのエレベーターに詩を連載する「エレベーター詩」を、ネット連動するかたちで行っています。エレベーター詩の記録、紹介などを行っていきます。

エレベーター詩