君と言語を育てる

言葉で願う夜

かえるのうた BYG

君との言語 #3 #2 #1

図書館の森で迷子を楽しむ

徘徊する詩 “愛の前”

声変わりの日

おじいさんに会いに行く、冬。

鉛筆はミサイルとロケットを持っている

チューリップハットの詩

絵画へラヴレター

我が町 / 町が我

中川運河の詩から

世界の終了ではない

記憶の星座化 The Constellating Recollections.

こども

迎えに行こう

先生が言っていると勝手に思う

山で七時

鉛筆だけが帰ってくる

沼が無い

traveling

言葉は窓

Mario dead inframation of the middle ear.

明るい夜

apoptosis